下载App | 10W+曲谱  鼓机  伴奏  节拍器 APP 可享受以下功能 18万+ 海量曲谱 100种 鼓机节奏 5千+ 曲谱伴奏 扫描下载APP

求谱找谱 曲谱定制 制谱师入驻

当前位置:首页 > 吉他指弹谱 > 打上花火

米津玄师《打上花火》原版_六线谱_C调_中等_吉他指弹谱

原唱:米津玄师

浏览量:1W

难度:中等

收藏量:1398+

选调:C调

购买量: 1554

还原度:90%

3 元  解锁曲谱

《打上花火》曲谱简介

《打上花火》是日本歌手米津玄师的一首歌曲,收录于他的第四张个人专辑《BOOTLEG》中。这首歌于2017年8月16日由米津玄师自己的音乐厂牌SME Records发行。《打上花火》是一首流行音乐曲目,融合了流行摇滚和民谣的元素。这首歌以轻快的旋律和温暖的歌词展现了青春与爱情的美好,同时也传达了对于短暂而珍贵的时刻的珍惜之情。歌曲背后的寓意是通过打上花火这一日本夏季传统活动来表达对于瞬间的美好的追求。歌词中描述了年轻人们在夏夜里一起欢笑、跳舞和打火花的场景,表达了对于青春时光的珍惜和对于爱情的向往。歌曲中的打火花也象征着人们内心中的梦想和希望,鼓励人们勇敢追逐自己的梦想。歌词特点方面,米津玄师以简洁而富有感染力的歌词风格著称。《打上花火》的歌词同样简单而直接,用朴素的语言表达了对于美好时刻的渴望和对于爱情的热情。歌词中的一些隐喻和意象也增加了歌曲的诗意和深度。总的来说,《打上花火》是一首充满青春活力和温暖情感的歌曲。通过流畅的旋律和简单而直接的歌词,这首歌传达了对于瞬间美好的追求和对于青春时光的珍惜,同时也鼓励人们勇敢追逐自己的梦想。

打上花火歌词

歌手: 米津玄师

更新日期: 2023-07-05

あの日見渡した渚を

今も思い出すんだ

砂の上に刻んだ言葉

君の後ろ姿

寄り返す波が

足元をよぎり何かを攫う

夕凪の中

日暮れだけが通り過ぎて行く

パッと光って咲いた

花火を見ていた

きっとまだ 終わらない夏が

曖昧な心を 解かして繋いだ

この夜が 続いて欲しかった

「あと何度君と同じ花火を

見られるかな」って

笑う顔に何ができるだろうか

傷つくこと 喜ぶこと

繰り返す波と情動

焦燥 最終列車の音

何度でも 言葉にして君を呼ぶよ

波間を選び もう一度...

もう二度と悲しまずに済むように

はっと息を飲めば

消えちゃいそうな光が

きっとまだ 胸に住んでいた

手を伸ばせば触れた

あったかい未来は

ひそかに二人を見ていた

パッと花火が(パッと花火が)

夜に咲いた(夜に咲いた)

夜に咲いて(夜に咲いて)

静かに消えた(静かに消えた)

離さないで(離れないで)

もう少しだけ(もう少しだけ)

もう少しだけ

このままで

あの日見渡した渚を

今も思い出すんだ

砂の上に刻んだ言葉

君の後ろ姿

パッと光って咲いた

花火を見ていた

きっとまだ 終わらない夏が

曖昧な心を 解かして繋いだ

この夜が 続いて欲しかった